よもぎ蒸し

よもぎ蒸しとは

よもぎ蒸しとは、よもぎを煎じて下半身を蒸す、韓国に伝わる民間療法です。
スチーム効果とよもぎの薬効成分により、血行促進、婦人病に良いと言われています。
体を芯から温め、生理痛、手足の冷え、更年期障害、痔、便秘に
効果があるといわれています。
噴出す汗で体もすっきり。韓国では600年の歴史があります。
適応
冷え、婦人病、痔、喉鼻症状、皮膚症状、不眠、ストレスなどに

よもぎ蒸しの特徴

■ 骨盤内・体の芯を温める

冷え性で手足が冷たくて・・・という悩みは多いです。
ですが、それはつまり体の芯=内臓器が冷えているから、手足末端まで
血液が巡らないためなかなか温まらないのです。
そこで、手足を温めるのではなく体の内側から温めることで、末端への血流を促進します。
よもぎ蒸しにより子宮をはじめ内臓器官を温めましょう。

■ デトックス(毒素排出)・発汗

体によいものを吸収すること、それ以上に体の毒素を排出することは重要です。
汗とともに、体内にたまった毒素をたくさん排出しましょう。

■ 経皮的吸収・粘膜吸収

人間の体では口から(経口的)より皮膚から(経皮的)も
実にたくさんのものを吸収しています。
皮膚の中で最も吸収がいいのは粘膜といわれます。
それはすなわち内臓器へ直結、いわば内臓の露出部が粘膜だと言えるからです。
よもぎ蒸しでは、子宮に直結している膣に漢方エキス入りの蒸気を当てるため
婦人科疾患にはもってこいです。
全女性にオススメです。

■ よもぎの効果

古くから受け継がれる、薬草の効果。
言うまでもなくよもぎは様々な効果が挙げられています。
特に血行促進・殺菌浄化に優れています。
よもぎの他にも漢方生薬を配合し、より有効な成分が蒸気に含まれています



☆よもぎ蒸しメニューの流れ☆

まずは、フットバスに入っていただきます。
フットバスで足先を温めることによって、その後のハーブスチームでより一層発汗を高め老廃物を排出しやすくなります

衣類は全部脱いでいただき、首から下までおおうマントを着ていただきます

よもぎ蒸しを煎じている椅子にマントをすっぽりかぶせた状態で座っていただきます。

煎じるよもぎ蒸しのタイプと同じ漢方茶(ハーブティ)を飲みながら20分から40分(飲んでいただくことにより、温まり方も持続します)

下からでる蒸気を下半身や、背中などに座り方を変えながら十分吸収します(座り方は色々変えるほうがいいと思います)
なるべく粘膜吸収を意識しながら座るのがベストですが、熱いと感じるときは、体操座りがお勧めです(体全体が温まります)

ラスト5分ほどで、お顔もすっぽりと覆って全身より汗をかくと、すっきり爽快に終われます

ホットタオルをご用意させていただきますので、お着替えとなります。

















ご注意点

*衣類は全て脱いで頂きますので生理中の方はご遠慮下さい

*直接肌にあたるカバー等はお一人ごとに交換し、衛生面には十分に配慮しています。

*よもぎの効果をお肌に残すために、シャワーは必要ありません
(匂わないサラサラの汗がでます)

*よもぎアレルギーの方はお受けになれません


よもぎ蒸し体験お客様の声


よもぎ蒸しQ&A

・時間はどれくらいかかりますか?
1回に20分〜40分くらいです。 基準は30分となりますが、それぞれの方の状況にあわせて変えて行きます。

・効果はすぐ現れますか

すぐにその良さを実感される方も多いです。 オススメは3回は試されることです。 
回数を重ねるごとにその変化が良くわかります。

・どういった方がされますか?
やはり婦人科疾患で悩まれている方が多いですが、美肌やストレス解消、ダイエット目的の方もいます。
 生理不順から不妊、更年期まで幅広い年齢層の方です。本当に全女性対象です。

・よもぎは使い捨てですか?
衛生面から考えてもお一人様一回ずつでお取替えしています。使い捨てです。ご希望により、お持ち帰りしていただいて自宅のお風呂で使用していただけます。

・生理中もできますか?
ほぼ終わりかけという場合は可能ですが、生理中は避けた方が良いでしょう。

・どれくらいの周期で通えばいいですか?
お勧めは週1回ですが、集中して生理前に2回続ける方もいますし、月1回から2回のお客様が平均です。